当製品の販売は終了いたしました。
多くのお客さまにご愛顧いただき、心より御礼申し上げます。
尚、新バージョンが発売されている可能性がございますので、製品情報をご確認ください。

Bonanza Classic : 将棋ソフト - やはりBonanzaは最初から強かった!

将棋ソフト
Windos 98/Me/2000/XP/Vista
space
Bonanza Classic

Bonanzaは、2006年世界コンピュータ将棋選手権において、初出場・初優勝という快挙を成し遂げ、さらに2007年3月には渡辺竜王と平手で対局するという栄誉を与えられた、世界最強の将棋ソフトです。本作品「Bonanza Classic」は、そのBonanzaが2005年にデビューした当時の思考エンジンを搭載した作品です。一手5秒の早指しが可能など、上位版(Bonanza 2.1)には無い機能も搭載、美しい盤、駒グラフィックも搭載しています。

ぜひ、本ソフトにてBonanzaの歴史に触れてみてください。やはりBonanzaは最初から強かった、ということがおわかり頂けると思います。

space

特徴的な思考エンジン

  • 思考アルゴリズムとしてコンピュータ将棋界に激震をもたらした「全幅検索」を採用、手を絞り込まず局面を網羅的に評価することを目指します。このシンプルな手法は従来のプログラムには採用されておらず、思考エンジンの持つ特徴的な棋風を楽むことができます。序・中盤には思いもつかない妙手を繰り出し、検討時には読みぬけを効率よく発見することが可能です。
  • 業界最新技術の機械学習法を用いて思考エンジンの局面評価機能を強化。将棋の指しかたを記述する1万以上の特徴パラメタを、約6万局のプロ・アマ高段者の棋譜から抽出。攻撃的で人間らしい棋風を実現しました。

軽快な動作

大会版の思考エンジンを一般の市販コンピュータで楽しむことができます。世界選手権決勝では、多くプログラムがサーバー用の巨大コンピュータを使用します。そのため、そのままの状態では市販コンピュータ上での動作は不可能です。これとは対照的に、大会時のBonanza Classicは市販ノートパソコンを使用しました。元々ノートパソコンでも十分に動くように設計されているため、ご家庭の市販コンピュータでも十分な棋力を発揮します。

コンピュータ同士の対戦

Bonanza Classic同士の激しい戦いを鑑賞することができます。中盤の見ごたえのある応酬や、終盤におけるコンピュータの驚嘆の手順をお楽しみ下さい。

space
対応機種/動作環境
お客様のコンピュータが右記動作環境を満たしていない場合はソフトが正常に動作しない場合があります。
対応機種・動作環境
space
space
space
space
Version 1.0.0
公開日:2007年06月27日
修正点:
駒音をオフにしても別の音が鳴る件、およびコンピュータ側の指し手時に別の音が重なる件を修正。
詳細を見る
アップデート方法:
1.上記ファイル名をクリックして、ファイルをダウンロードしてください。デスクトップ等にファイルが現れます。
2.ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。すると、解凍が始まると共にインストールが開始されます。インストール先は初期設定のフォルダが指定されていますが、もし、インストール時にインストール先を変更された方は、ご自分でそのフォルダを指定してください。すると「上書きしますか」と表示されますので、「はい」を選択してください。
3.BonanzaClassicを使用して問題ないか確かめてください。設定→駒音をオフにして、音が鳴らなければOKです。
文字サイズ変更
拡大拡大 縮小縮小 元に戻す
第21回Vectorプロレジ大賞 結果発表
最新情報